更新終了しています
by sakitamasao
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のサキタ日記はこちら
sakitamax blog

いまはこっちのブログで書いてます。
カテゴリ
野外ビア・ライブ!!
カレッタ汐留の「夏休み野外ビア・ライブ!!」ってイベントでチープ・スリルがライブをやってきました。

最初に王様がステージに出てビートルズ、ストーンズ、ツェッペリン、ディープパープルなどのヒット曲の歌詞を日本語に直訳して、いいとこ取りのメドレーで15分くらい演奏した後、チープ・スリルが登場してジャニス・ジョップリンの曲を30分くらい演奏するって感じのステージを2回。

この日の一番の心配は雨でのイベント中止だったのですが、結局、雨は降らずにイベントは行われました。

オレらの演奏の前に会場を盛り上げてくれた王様だけど、メチャクチャ面白かった。
以前、王様と一緒に「深紫伝説」というディープパープルの直訳メドレーをロングバージョンにアレンジしてライブをやったことがあるので、オレは王様のネタを少し知ってたけど、やっぱり何度見ても面白かった。

チープ・スリルの他のメンバーはオレから話を聞いただけで、実際に見るのは初めてだったけど、メチャクチャ盛り上がってた。

メンバーの感想はオレが初めて王様を見た時と同じく、ギターテクだけじゃなく、お客を盛り上げるステージアクションや、衣装や、MCまでも全てのやることがお客を楽しませることのできる本当のエンターテイメントになっているってことだ。

王様はやっぱり面白かった。

オレたちの演奏は、王様に「次はジャニス・ジョップリンのカバーバンド、チープ・スリルです!どうぞ〜〜!」って紹介されてから、ジャニスの「生きながらブルースに葬られ(Buried Alive In The Blues)」というインストの曲をバックにステージに登場し、王様が盛り上げてくれた会場が、静かにならないウチにと大急ぎでセッティングしてジャ〜〜ンと始まった。

なんかいつもと違うなと思ったのは、すごくお客さんの反応が良かったこと。

今までのライブだと「次の曲は○○○です」と曲名を言っただけで拍手がきたりする曲は「Summertime」と「Ball And Chain」くらいだけだったんだけど、この日は他の曲でもなんかしらの反応があり「あれ?」っと思ってお客さんに「ジャニスのファンの人手を挙げて〜」みたいな感じで聞いたら、なんと半分以上の人が手を挙げるという完全に異常な状態。

今までのライブだと、チープ・スリルのファンに対してジャニスのファンの人って10分の1くらい?な感じでやってたんだけど、ジャニスのファンが一気に増えてしまった。

前回の八潮の時も、何万人も人出があるのを見て「こんだけ人がいるなら5人くらいジャニスのファンもいるよな。」って言ってたら本当に5人くらいしかジャニスのファンがいなくて、あとはチープ・スリルのファンか、ただバンドが演奏しているから見ているだけって感じだったのに・・・。

メディアのお陰か、チープ・スリルによるジャニスの布教活動が実を結び始めたのか、実際に八潮で初めてオレたちの演奏を聴いてくれてカレッタ汐留のライブを見に来てくれた人もいたのでチープ・スリル効果もあったんだろうけど、やっぱテレビ、新聞、雑誌などのメディアのお陰だろうな。

ジャニスのコピーバンドなんてあんまりないからね。
カレッタ汐留でジャニスのコピーバンドがライブしますよって記事をみたらジャニスの生演奏に飢えてるジャニスファンはわらわらと集まってくるんだろう。

まあ、今回のような大きなイベントはなかなかナイだろうから、あとは地道にライブしてチープ・スリルがジャニスのファンを集めて行かなきゃならないんだけどね。

ジャニスは野外が似合うね。特に夜の野外。やってる方も気持ちよかったし、見ている人も楽しんでもらえたんじゃないかと思う。

空を見上げても星が見えない曇り空の下だったんだけど、電通本社の最上階から会場を照らすライトが演奏中にチラッと見えると「あれ?満月?」と思って何度も確認してしまった。
[PR]
by sakitamasao | 2005-08-25 14:18 | CHEAP TRILLS
<< ミー・アンド・ボビー・マギー カレッタ汐留 >>