更新終了しています
by sakitamasao
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のサキタ日記はこちら
sakitamax blog

いまはこっちのブログで書いてます。
カテゴリ
映画を見た
この前の日曜日にバンドのメンバーと一緒に有楽町で映画を見た。

「フェスティバル・エクスプレス」
だいぶ前から見たかったロックコンサートの記録映画。

主な出演はジャニス・ジョップリン、ザ・バンド、グレイトフル・デッド、バディ・ガイとか。

「ウッドストック」「モンタレーポップフェスティバル(日本未公開)」と同じようなロックコンサートの記録映画。

ウッドストックやモンタレーと違うところは、先の2つが一カ所にお客さんをうわーっと集めてたくさんのロックバンドがががーんっと演奏するんだけど(いわゆる普通のコンサート形式ね)、フェスティバル・エクスプレスの方はお客さんをあちこちに集めて各会場をロックバンドの皆さんが電車でGO!!って感じで進んでいく少し変わったスタイルなのです。

しかし、一番の難点は出演者が劣る。
ジミヘンもフーもオーティスも出てないし。

まあ、ジャニスが出てるから見ないわけにはいかないだろうとは思っていたが・・・なんと、ジャニスのコンサートシーンは全て見たことのあるのばかりでした。

「クラァァァァイベイベェ」とか「ママママーマママ」とか。
やはり、短い期間を濃密に過ごした人だけに、活動期間中の映像はほとんど何かしらの形でファンの目に入ってるんだろう。

だけど、映画の中盤。

ツアー中、コンサート会場の移動は電車が使われてたんだけど、その中で出演ミュージシャン達がセッションし放題なのね。

食堂車に機材を持ち込んで、寝ずのセッション。

移動するのがカナダなので移動時間が2日とか半端じゃなく長いのだけれど、そんななかミュージシャン達が酒とドラッグをガンガンにキメてにセッションしまくり。

コンサートシーンよりもこちらの方がこの映画のメインって感じの宣伝のされ方もしてたし、期待もしていた。

このシーンでジャニスの始めて見る映像が流れてうれしかった。
ラリりまくりだったけどね。

でも大好きなミュージシャン達とセッションしてるジャニスはホントに楽しそうで、悲しかった。

「こんなに楽しいことがずっと続けばいいのに!」みたいな事を言ったりしているジャニスは、その何ヶ月後に死んでしまうと知っているから。



それより!
ジャニスを見に行ったんだけど、実は思いっきりザ・バンドにやられちゃいました。

今までわりときれいめな歌と演奏をするバンドだと思ってたんだけど、実際にはライブでの演奏はすごいパワーだった。

正直、“ボブ・ディランのバックバンド”くらいのイメージしかなかったザ・バンドだったけど、完全に見直しました。

「なんだ、お前らすごいじゃん。」って思いました。

特に「アイ・シャル・ビー・リリースト」。

一緒に見に行った子は、前半ほとんど寝てたくせに、ザ・バンドの時に起き出して「アイ・シャル・ビー・リリースト」で号泣して、その後また寝ました。

この一曲が入っているだけで、「ウッドストック」「モンタレーポップフェスティバル」に続く名作になると思う。

ジャニスもよかったけどね。
[PR]
by sakitamasao | 2005-05-05 04:35 | 映画
<< リハーサル週間 またもやビックウェーブが・・・ >>