更新終了しています
by sakitamasao
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のサキタ日記はこちら
sakitamax blog

いまはこっちのブログで書いてます。
カテゴリ
カテゴリ:CHEAP TRILLS( 76 )
スイッチぽん
普通「ぽん」じゃなくて「オン」だよな。
入力ミス。
でもなんか見た目がいいからそのまんま。

久しぶりに色々片付いてきた。
昼間の仕事も夜の仕事も。
今までちょっと忙しすぎたよ。

ここしばらく(一ヶ月くらい?)お休みしてたジャニスバンドも今週末から活動再開です。
ほんで、明日(ってか今日、火曜日)昼からリハだ。

今日は今週末のライブ用のリハと、新しくレパートリーに増やす「クライ・ベイビー」って曲をやるんだよ。

「クライ・ベイビー」好きだったな。
アルバム「パール」にスタジオ版とライブ版が入ってるの。
あと映画「Janis A FILM」に入ってるライブの映像もカッコいいね。

早くライブでやりたいよ。
[PR]
by sakitamasao | 2005-06-28 05:54 | CHEAP TRILLS
さすがカメラマン
e0079911_6311059.jpg
先週のライブはプロのカメラマンに依頼して写真を撮ってもらった。
今日出来上がりを見せてもらったんだけど流石の出来に驚いた。
e0079911_6313429.jpg

[PR]
by sakitamasao | 2005-06-08 18:22 | CHEAP TRILLS
赤坂の夜、御徒町の夜、上野の朝
懐かしのお店で演奏してきました。

いや、自分のプレイは正直、出来が良くなかったんだけど、周りの評価は上々。モチロン、バンドとしてみれば前回よりさらに良くなってはいるんだけどね。

昔からオレの演奏を聞いてるライブハウスのオーナーには「思ってたよりいいバンドだね。」とか「ベース上手くなったね。」とか褒められつつ、「突っ込みどころはたくさんあるけど、それは今度時間があるときにでもゆっくりね。」と多少含みを持たせられながらも、次回出演の話をしてもらった。

次回は8月の後半の予定。

で、23時頃には赤坂の店を後にし、御徒町のいつも出演している店へ移動。ライブが終わった後なのでメンバーとゆっくり酒でも飲みながら「お疲れさん。」としたいところだけど、悲しい事に多忙なベーシストにはそんな時間はなく、早速、6月5日の西大島でやる“クールス”のコピーバンドのリハ、6月1日の“王様”とのライブのリハとこなしました。

先週の土曜日の矢沢ナイト、月曜日のジャニスライブとイベント続きで、クールスも王様もほとんど手つかずの状態でリハに突入。

さすがに“王様”のリハのときには「サキちゃん、ちゃんとやってないでしょ?」ってメンバーに怒られちゃった。

「はい、やってません。明日までには必ずちゃんとしてきます。」と言って、リハの時間を翌日に再度取ってもらう事にした。自分が忙しいせいで他人に迷惑をかけてしまったよ。

んで、それが終わった後、すぐに自宅へ帰り、王様の練習をしたかというと、そうでもなく、やっぱり赤坂でライブが終わったバンドのメンバーと合流し、「お疲れさん。」と乾杯しました。

このバンドのHPへのリンクはオイラのプロフィールの一番上にあるんだけど、チープ・スリルって言うバンドなのね。
上手いし、安いし、美味しいし、とってもいいバンドなの。

んで、チープ・スリルのメンバーで打ち上げなんだけど、このバンドのいいところって挙げればキリがないんだけど、とりあえず打ち上げは反省会と称し当日のステージについての裁判をするわけ。これがすごく気に入ってる。

演奏だけでなく登場の仕方から、MC、退場の仕方、演奏後のお客さんへの接し方、宣伝は上手くできてたか等々、ステージ全部というか、バンドとはこうあるべきだみたいな話になる。

この時は年齢とか上下関係とか全然なくて、「サキさん、あれはダメですよ。」とか年下のメンバーがオレにもちゃんと言う。それに対して「あれは、あれでいいの。」って返して、みんなでどっちがいいかって話をし続ける。

ずっと、そんな話で酒を飲み続けるから大体、最後はみんなベロンベロンになって上野のオレのウチに泊まって行く。

ウチについても当日のライブのビデオを見ながらさらに反省会は続き、眠さ限界のメンバーから順に仮死状態へ落ちて行く。

今日は最後まで残ったのはオレとギターのナオ。

ナオは、25歳なのにオレが見た事も聞いた事もないような不思議なギターを弾く天才肌のギターリストだ。

二人で朝まで話し合ってバンドの新しい方向性がまた見えて来た。

そんで、結局、王様の練習はしないでそのまま寝ちゃったよ。
[PR]
by sakitamasao | 2005-06-01 03:24 | CHEAP TRILLS
Live in 懐かしの店
オイラがまだ23、4歳だった頃、知り合いがやってた赤坂のライブハウスが昼間ランチ営業をするって言うんでお手伝い感覚でバイトしてたのね。

ランチ営業だったから出勤時間はもちろん午前中。

当時、朝から働くってあまりしてなかったから10時とか11時とかに出勤するって言ってもえらい早起きに感じてたわけ。

今考えると毎日遅刻して行ってたような気がする。
しかも5分とか10分とかじゃなくてランチのピークも過ぎた13時とか14時頃に「おはよーございまーす」とか言って出勤してた。

ま、怒られてはいたんだろーけど、あまり気にせず、毎回遅刻して出勤して、片付けとかやって、仕事が終わった後の賄い飯だけはしっかり食べて。

お店にとっては何の得もないバイトだっただろうね。

当時、その赤坂のランチのバイトと同時に夜は毎日バンドの仕事をしてた。

ライブハウスの店長は俺のベースを聞くたびに(その店では演奏した事なかったからほかの店に時々聞きにきてた。)「お前は下手だなぁ。」って言われてた。

実質、ベースを初めて一年目くらいの頃だったし、今、自分で思い返しても下手だったなぁと思う。

それから、何年か経ってオイラが27歳くらいの頃かな、赤坂のそのライブハウスに初めて出演した事があって、そのときは「ベースらしくなったけど、まだまだだねぇ。」ってな事いわれた。

んで31歳を目前に控えた今年、久しぶりにその店長に電話をかけてみた。

「自分のバンド作ったんで出ていーですか?」
「あ、いーよ。」
「あ、そーなんですか?」

そのお店って割と名前の売れてる人とかも出ちゃったりするようなお店なので断られるかなぁなんて思ってたんだけど、フツーにでさせてもらえる事になった。

なんか、懐かしさがこみ上げて割と変な感じ。

力一杯壁を殴って拳大の穴あけちゃったライブハウス。
お客と喧嘩してるオレをなだめにきた副店長を殴っちゃったライブハウス。
お酒とクスリを気絶するまで飲み比べるゲームしてたオレたちを笑って見てたライブハウス。
50歳近かったチーフと喧嘩して階段でチーフの顔を蹴っ飛ばしちゃったライブハウス。

なんか、あの頃のオレって暴れん坊が抜けきれてなかったんだなぁって今更思う。

オレが出演するって知った当時の人たちが遊びに来てくれるって連絡が何件か入った。

少し恥ずかしい。
[PR]
by sakitamasao | 2005-05-30 13:39 | CHEAP TRILLS
ばんど屋 モンタレー・ポップ・フェスティバル
自分のバンドに感動したよ。
チープ・スリル最高。

今日は、ジャニスがモンタレーでやった「ボール・アンド・チェーン」を何が何でもやりたかった。

モンタレー・ポップ・フェスティバルが開催された1967年、当時まだ無名のジャニスが地元出身バンドという特別枠でモンタレー・ポップ・フェスティバルに出演し、少ない出番の一番最後に命を削るように歌った「ボール・アンド・チェーン」。

その圧倒的なパフォーマンスは翌週のタイム誌の表紙を飾り、ジャニス・ジョップリンという女性初のロックボーカリストはこの曲で初めてアメリカ中に名前をしらしめた。

俺たちチープ・スリルはイベント当日もスタジオに入って9分間の「ボール・アンド・チェーン」のためにリハーサルを重ねた。

リハーサルの最中に、今日のステージは「ボール・アンド・チェーン」に集中するために、前回ステージではヤマ場に持ってきて好評だった「ミー・アンド・ボビー・マギー」を外して、代わりにやり慣れた「トライ」をセットリストに入れることした。

ばんど屋5周年記念イベント・エリック兄さんプレゼンツ「ばんど屋モンタレー・ポップ・フェスティバル」は予定時間を少し押して、21時20分くらいから始まった。

ジミヘン・フー・ジャニスそれぞれのカバーバンドが出演するこのイベントはまずはジャニスのカバーバンド“チープ・スリル”の演奏で幕を開けた。

「ベンツが欲しい」から始まったステージは「ジャニスの祈り」「サマータイム」などのヒット曲を中心に演奏していった。

その後のMCの時にお客から「トライをやってくれ」と声がかかり「セットリスト変えてよかった。」とか思ったりした。

今日のステージはボーカルがノリまくって、いつも以上のパフォーマンスでお客を圧倒した。身内の事を言うのもなんだけど本当に客を圧倒していた。それにつられて他のメンバーも興奮してた。

ジャニスと同じ様に一番最後に「ボール・アンド・チェーン」をやった。

演奏している時は「こんな事もあるんだなぁ。」と思って演奏していた。

言葉では言い表せはしないけど、バンドのメンバーのテンションが最高に上がって、上がったまんまになっちゃってる状態で演奏が進んでいくような感じ。

一緒に演奏しているメンバーに「スゲェ!スゲェ!」とか思いながら演奏した。

お客を見ると、ソロを取ってるギターリストを感嘆の表情で見ていて、それを見てオレは「当然だよなぁ。」とか思った。

「ボール・アンド・チェーン」をやり終えた時には「うわぁ、スゴイことやっちゃった。」と思った。

オレたちってスゲェと思った。

小さな店の小さなステージでお客さんも25人くらいしかいなかったけど最高の演奏が出来てよかった。

もう、どこでやっても恥ずかしくないと思った。
むしろ、もっと大きいところでやっていかないといけないと思った。

で、次のライブは5月30日(月)赤坂グラフティです。
ワンマンのライブですが、客席数は100席以上です。
でかいです。チケット欲しい人言って下さい。2000円です。
チケットぴあでも買えます。Pコード199-933です。
[PR]
by sakitamasao | 2005-05-14 08:37 | CHEAP TRILLS
バンドのホームページ
そんなんあります。最近作りました。
http://www.tag-m.com/
[PR]
by sakitamasao | 2005-04-27 14:36 | CHEAP TRILLS